企画展にあたって

更新の日が空いてしまい申し訳ありません。

さくらネットでは変わらず(…というより今まで以上に)多種多様なお仕事を頂き、皆さん張り切って作業されています。梱包、組立、検品、エトセトラ。

その中でも以前更新した際よりさらなる飛躍を見せるこぎん刺しについて書かせて頂こうと思います。

先月1月31日から2月14日に渡り、自社商品であるこぎん刺しをアレゴリーホームツールズ渋谷店様に置かせて頂けることになり、皆さん一丸となって製作を進めて無事に納品し、2月17日から3月2日に掛けて川崎アゼリア店様でも企画展を行なって頂ける為、限られた時間の中でこぎん製作を進めて参りました。

川崎なのです。そう、川崎。

さくらネットと川崎アゼリアまでは凡そ徒歩5分ほど!

納品させて頂いている雑貨店様の多くは都心や県外が多く、川崎っ子が多い利用者の皆さんが実際に自分で作った商品がお店で陳列されている光景を見れるチャンス…!!

これって本当に嬉しいですよね。綺麗にディスプレイされた皆んなで作ったこぎん。

「あ、これ私が作ったのだ」

「これ僕が染めた生地かな?」

染めから一環して作られているこぎんです。

お客様が手に取る姿など、きっと一人一人その場で思うことも様々でしょう。

見て下さい!ヘアゴムにバレッタに手鏡、鍋敷き、ポーチ、カードケース!

総監督Tさんのもと、生地やパーツ、裏地に至るまで拘り、図案をおこし、染めて。仕上がる作品は毎回素敵に進化します。実際に製作している利用者さんが一番それを感じているんじゃないでしょうか。

発案され、皆さんの手で徐々に輪郭がつき、肉がつき、ひとつの作品が作られていく様子は感嘆の一言です。


一枚の生地に何色もの糸を使用し、今まで以上に繊細で美しい柄に仕上げたり、太めの糸で温かい印象を受ける作品を製作したり。

この過程を何度も何度も見ていますが、一年二年とどんどん変化してる!あれも欲しい、これも欲しい!Tさんこれめちゃめちゃ可愛いですね?!と休憩中、どうしても煩くなってしまいます(笑)

さてさて話しが脱線してしまいましたが、お近くにお住まいの方、お時間あれば是非とも期間中にお立ち寄り下さい♪

この記事へのコメントはありません。