時計アソート梱包のお仕事

美顔器以外に行った今月のお仕事をご紹介します!

シャーペンの組立・検品梱包のお仕事や、手芸店に卸す手芸用品のジャンシール(製品番号やバーコードの印刷されたものです)の貼り付け・数出し作業の他、とても集中力や忍耐力の必要な時計パーツのアソート詰め等も行わせて頂きました!
アソートというだけあって、数種類ある大小様々なモチーフパーツを偏りがないよう、又、指定された3gキッチリの容量に量り、容器に詰めていく作業です。グラムの誤差としての許容はなんと0・1gまで!ひとつひとつ焦らずに慎重に!
どの作業でもライン作業で各工程を担当してもらっています。グラムを量る方、容器の蓋を閉める方、梱包する方、ジャンシールを貼る方。
グラム量りも慎重な作業ですが、容器の蓋もなかなか難儀なものでした。
というのも、蓋を閉める為には大きさの異なるパーツがランダムに入るので、パーツが容器の縁に引っ掛かり閉めにくいのです。ピンセットで整えながら蓋をする丁寧さが必要です。パーツの収まりが悪くて、しっかりと蓋の溝に嵌らず上手く閉まらないと度々焦れているご様子の利用者さんの姿もありました。

先に言った通り、さくらネットでは多くの場合、ひとつの仕事を流れ作業で行っています。グラム担当の方は秤がひとつしかない関係で交代制で担当してもらい、複数人で容器を閉じる。この流れのなかで焦れたりもどかしい時、先ずは一呼吸置きましょう。
協調性や思い遣りを養い、仕事を円滑にすることは、とても大事な事ですよね!どの担当の方が抜けても、焦れても、流れはそこで止まってしまいますものね。

一拍置いて少しづつ慣れていけば、ほら。気づいた頃には皆さん順調に滞りなく、着実に作業を進めています(=゚ω゚)ノ

最後に休憩中の利用者さん達のご様子を(そしてちゃっかり新しいサビ管とこの記事を担当した職員も)パシャリ!!作業時間と違い、思い思いに過ごされていますね〜!切り替え大事ですね♪

   
 

この記事へのコメントはありません。